富山県氷見市出身の実業家、浅野総一郎の偉大な業績を探求し、その足跡を後世に伝えるとともに、その事業等にゆかりの人々、企業、地域等との交流を図ります。

九転十起交流会

『九転十起 事業の鬼・浅野総一郎』 (幻冬舎)
『九転十起 事業の鬼・浅野総一郎』
出版社:幻冬舎
著者:出町譲

九転十起交流会

九転十起交流会

浅野総一郎の人生

        
嘉永元年(1848年) - 3月10日、越中国氷見郡薮田村(現・富山県氷見市)に生まれる。
嘉永6年(1853年) - ペリー来航。
文久元年(1861年) 14歳 医師である養父の代脈を勤めるが、流行したコレラには太刀打ちできず、自身の道とは違うものと悟る。
文久2年(1862年) 15歳 初めて起業。縮織(ちぢみばた)という織物の生産と販売を行うが資金難に陥り、失敗。
元治元年(1864年) 17歳 稲扱き機の仕入れと貸し付けを考え付くが、凶作の為失敗。
慶応3年(1867年) 20歳 "産物会社"(今の株式会社のシステムと同じ)を立ち上げるが、最終的に失敗。
明治4年(1871年) 24歳 友に出資してもらった大店"浅野筵商"も失敗。上京し、再出発する。
明治5年(1872年) 25歳 農家で捨てていた竹皮を仕入れ、包み容器として売買。このころ生涯の伴侶・サクと出会い、結婚。横浜で薪炭、翌年には石炭販売を始め、軌道に乗り始める。
明治8年(1875年) 28歳 隣家から移った火事により自宅が全焼。 ※当時の3万円近い財産を失う。
明治9年(1876年) 29歳 横浜市ガス局のコークス、コールタールの廃物を再燃料化し富を得る。
※この頃生涯の恩人となる第一国立銀行頭取で抄紙会社(後の王子製紙株式会社)社長であった渋沢栄一と出会う。
明治10年(1877年) - 西南戦争勃発。
明治12年(1879年) 32歳 横浜の市内63ヶ所に、日本初の西洋式公式便所を建設。
明治14年(1881年) 34歳 民間としては初めて官営の深川セメント工場の貸下げを受ける。
明治16年(1883年) 36歳 実質的に深川セメント工場の経営者となり、一家は工場内の仙台屋敷へ。
※これが浅野セメントの基礎となる(現・太平洋セメント株式会社、株式会社デイ・シイーと続く)。
渋沢栄一とともに、磐城炭鉱開発の第一声をあげ、筆頭株主となる。また共同運輸事務長として働く。
明治21年(1888年) 42歳 大倉喜八郎、渋沢栄一とともに、民営サッポロビール会社創設に参与。常磐線敷設の必要を提言、企画。
明治23年(1890年) 43歳 帝国ホテル創設に参与。門司(福岡県)埋立事業始まる。
明治26年(1893年) 46歳 浅野石油部創設。サミュエル商会と石油輸入契約し、タンク油で利益を得る。
明治29年(1896年) 49歳 安田善次郎などの実業家の協力を得、東洋汽船株式会社を設立し、経営は大正末まで。
渡米し、ハンチントンと横浜−サンフランシスコに東洋汽船の船3隻を走らせると契約。その足で船舶注文の為渡英。 当時世界一と言われた豪華客船・日本丸、アメリカ丸、香港丸を発注。
明治35年(1902年) 55歳 北越石油を宝田石油に合併。
明治37年(1904年) 57歳 大型貨客船建造を計画し、重油焚きを企画。後の明治41年に天洋丸として進水。
明治39年(1906年) 59歳 大倉喜八郎らと東西石油会社を創設。
※日本で初めて外国から原油を輸入し、国内で製油することを考え実行した。
大正元年(1911年) 65歳 「鶴見埋立組合」を組織。埋立ての着工を始める。
大正3年(1914年) 67歳 浅野造船所(後の日本鋼管、現・JFEスチール株式会社)を創立。
京浜工業地帯の埋立地に鶴見臨港鉄道(鶴見線の前身)を設立。 ※浅野駅にその名を残す。
大正5年(1916年) 68歳 「鶴見埋築株式会社」(現・東亜建設工業株式会社)を創立。
大正7年(1918年) 70歳 浅野同族会社を設立。浅野財閥を築く。
大正8年(1919年) 71歳 故郷富山県に庄川水力電気会社を創立。
大正9年(1920年) 72歳 息子・良三とともに横浜に大正活映を設立。
未来の人材育成の為、浅野綜合中学校(現・浅野中学校、浅野高等学校)を設立。
※その校訓を"九転十起"とする。 南武鉄道(現・南武線)の鉄道敷設を実現させる。
※その他青梅線、五日市線の敷設にも貢献。
大正11年(1922年) 74歳 小倉(福岡県)に32万坪の埋立築港計画の許可が降りる。
昭和3年(1928年) 80歳 鶴見の埋立事業がついに完成。
※完成後、浅野セメント、日本鋼管、浅野製鉄所、旭硝子、日清製粉、日産自動車など次々と進出し京浜臨海工業地帯の中核となる。 群馬県に佐久発電所・ダムを建設。 ※亡くなった妻を偲び、その名を付ける。
昭和4年(1929年) 82歳 混凝土専修学校(現・浅野工学専門学校)を設立。
昭和5年(1930年) 82歳 11月9日、総一郎は82歳の生涯を閉じる。
※息を引き取った1週間後、当時"東洋一"と謳われた小牧ダム(富山県)が完成し、発電を開始した。